白髪染め選びの原則

今や男女問わず自宅で手軽にできるようになった「白髪染め」。

いまどきの白髪染めは非常に良く出来ているので、

それこそ「染めたは良いが大失敗!」みたいなことは先ずありませんが、

商品選びを間違えると「思っていたのと違った」ということにもなりかねませんので、

購入時にはきちんと自分に適した商品かしっかり確認したい所。

先ず最初に確認するポイントは「自分の髪質」。

自分の髪質が「太い」か「細い」か、「固い」か「柔らかい」か、

この違いで同じ白髪染めでも染め上がりは大きく異なってきます。

次に確認するポイントは「白髪染めの色合い」です。

一口に白髪染めと言っても商品によって微妙に色合いが異なります。

具体的には明るめの色から暗めの色まで…、同じ商品でも数種類に分かれています。

自分の髪色より1つ明るめを選ぶのが色選びの鉄則です。

但し、暗めの色は染まりにくい傾向にありますので、

髪が太くて硬い人が暗めに染めたいという場合には、

少々眺めの時間塗っておくと綺麗に仕上がると思います。

あとは、説明書の指示に従って白髪染めを行えば、

だれでも簡単キレイに白髪を染めることができるはずです。

但し、頭皮や髪に何らかの問題を抱えている人に関しては、

「ヘアカラー」タイプ以外の白髪染めを使用することをオススメします。

ヘアカラータイプの白髪染めは髪の毛を一度脱色させてから色を髪の中まで染み込ませます。

それゆえ、髪や頭皮にも多少のダメージを与えることもあるようです。

頭皮や髪に問題がある人の場合、何らかのトラブルが発生する可能性もありますので、

白髪染めをする際には「ヘアカラー」以外のタイプを選ぶようにしましょう。

■参考までにコチラもご覧下さい…白髪染め解説