ひざサポートコラーゲンは薬ではない

ひざサポートコラーゲンは関節痛に効果のある機能性食品として販売されており、体に有効な成分が入っているとされてはいますが薬ではありません。

薬である場合は数年に及ぶ臨床試験、副作用の有無などの確認など販売まで長い時間が必要とされており、その効果も確かなものです。

ですが機能性表示食品は食品に含まれる成分の有効性を表示して販売して良い、と許可された商品ですので、機能は確かですが劇的な効果を期待出来るわけではありません。

サプリメントなどに言える事ですが、これら人体に有効な成分を食品から摂取しようとしても食品自体が希少であったり、摂取しにくいものであったり十分な量が確保出来ない場合の対応策としての商品です。

民間療法と違い、確かに体に良い効果が期待でき、ひざサポートコラーゲンであれば関節痛の改善が出来る商品です。

ペプチドは消化されずに直接軟骨成分のサポートとなりますので、その有効性は確かです。

ですが時間をかけて改善されていく商品ですので、薬と違い強い効果はありません。

薬の場合副作用がありますので、ひざサポートコラーゲンの場合副作用なく安心して使える商品と考えても良いかもしれません。

一定の効果は期待出来るが、重い症状には効果は薄いですので関節痛が重い場合は外用薬との併用や医師へ受診をした方が良いでしょう。

放っておくと取り返しのつかない状態になるかもしれません。⇒ひざの痛み 重症になると「人工関節」を埋め込む手段も

あくまでサポートをする食品ですので、より生活をよくしていきたい、ひざサポートコラーゲンはそう思う人への商品なのです。